三橋整形外科リハビリテーションクリニック

三橋整形外科リハビリテーションクリニック

骨粗鬆症外来

骨粗鬆症外来Medical

骨粗鬆症とは、骨の量(骨量)が減って骨が弱くなり、骨折しやすくなる病気です。

症状

骨粗鬆症外来

骨粗鬆症になっても、痛みはないのが普通です。しかし、転ぶなどのちょっとしたはずみで骨折しやすくなります。
骨折が生じやすい部位は、背骨(胸椎や腰椎の圧迫骨折)、手首の骨(橈骨遠位端骨折)、太ももの付け根の骨(大腿骨頚部骨折)、型の付け根(上腕骨頚部骨折)などです。

骨折が生じると、その部分が痛くなり動けなくなります。また、背中や腰が痛くなった後に、背が丸くなったり身長が縮んだりします。

原因と病態

からだの中の骨は生きています。同じように見えても、新たに作られること(骨形成)と溶かして壊されること(骨吸収)を繰り返しています。骨粗鬆症は、このバランスが崩れることでおこり、骨がスカスカになってきます。骨粗鬆症は圧倒的に女性、特に閉経後の女性に多くみられ、女性ホルモンの減少や老化と関わりが深いと考えられています。

診断

診断はレントゲン検査でも可能です。
骨の量や成分(骨密度)を測定するためには、専用の骨密度測定機で診断します。血液検査と尿検査も治療効果判定に有用です。

予防と治療

予防と治療

骨粗鬆症は予防が大切な病気です。

カルシウムを十分に摂取し、ビタミンD、ビタミンK、リン、マグネシウム、適量のタンパク質をとることも大切です。
また、禁煙し、アルコールは控えめにすることや、散歩などで運動、日光浴をすることも予防になります。リハビリを行い、転ばないように注意しましょう。

治療には、カルシウムやビタミンDなどの内服薬や骨吸収阻害剤を使用したり、カルシトニン製剤や副甲状腺ホルモンの注射などによる治療を行います。
転倒予防のリハビリも大変重要です。骨折した場合は、それに応じた治療が必要です。
閉経後の女性は、特に骨粗鬆症専門医の当院での定期的な検診をお勧めします。

骨粗鬆症の症例Medical

症例①(83歳女性)

自宅のソファーからすべり転倒しました。
翌日から腰が痛くなり歩行もできないため、藤沢市民病院の救急外来に救急車で来院しました。レントゲン撮影の結果は、第1腰椎圧迫骨折の診断で整形外科外来に紹介されました。トイレにも歩いて行けないので入院治療をお勧めしましたが、自宅が病院の真ん前なので毎日通院してもいいから入院したくないとのことでした。

骨密度を測定すると高度の骨粗鬆症でした。骨粗鬆症学会の治療ガイドラインにより毎週1回の骨粗鬆症の治療薬の注射を行ったところ4週目から歩いて通院できるようになりました。1年半ほど通院して注射は終了し、内服薬で今も治療してます。
現在腰痛は全くないとのことです。また以前は両膝の痛みもあったのですが、その症状もなくなったと言ってます。

このような患者様は今まで多数いて、治療の結果みなさん大変喜ばれてます。