三橋整形外科リハビリテーションクリニック

三橋整形外科リハビリテーションクリニック

整形外科

整形外科Medical

整形外科

整形外科は、身体を動かすための四肢(腕・手・脚・足)の関節や骨、靭帯、腱、脊髄、末端神経および椎間板を対象とした病気や外傷による症状を機能的に改善することを目的した診療科です。

具体的には、骨折、脱臼、切り傷、打撲などの外傷をはじめ、肩こり、腰痛、膝痛など、日常的によく起こる体の痛みや違和感などを扱います。三橋整形外科リハビリテーションクリニックでは小さなお子様からご高齢の方まで、あらゆる年齢層の患者様の診療をいたします。

主な症状

  • 頭痛
  • 首が痛い
  • 肩が痛い、上がらない
  • 手がしびれる
  • 肩が凝る
  • 肘が痛い
  • 手が痛い、こわばる
  • 腰が痛い
  • もものつけ根が痛い
  • 膝が痛い
  • 足がしびれる
  • 足が痛い

次の症状がある方はすぐにご相談下さい

  • 首、肩、腕、肘、手の痛み
  • ばね指(弾発指)、突き指
  • 背中、腰、股(こ)関節、脚、膝、足の痛み
  • 肩こり、首こり、むち打ち症
  • 手や足などのしびれ、こわばり
  • 骨折、打撲、脱臼、ねんざ
  • 爪まわりの痛みや腫れ、爪のくい込み
  • 各種外傷(切り傷、すり傷、やけど、床ずれ等)
  • スポーツによるけが、運動中の体幹(胸部、腹部、腰部、背部)や手足の痛み など

交通事故による外傷についてMedical

事故の直後は、これといった症状がなくても損傷を受けている場合が多々あります。
よくある「むち打ち症」の場合では、数日経過した後に徐々に痛み出すことがあり、慢性化する恐れもあります。交通事故にあった際は、一度検査を受けることをおすすめいたします。

各社自賠責保険にも対応した、交通事故に伴う様々な痛みや体の不調などの検査・治療も行っております。まずは、お気軽にご相談ください。

腰部脊柱管狭窄症Medical

腰椎の加齢性の変化により殿部や太もも、ふくらはぎにしびれや痛みが生じます

足の痛みやしびれがある
足の痛みやしびれがある

歩いていると下肢のしびれや痛みが生じてくるためにしゃがんで休みたくなります。しばらく休むとしびれ痛みが軽くなって歩けるようになりますが、また歩き出してしばらくすると下肢のしびれや痛みのためにしゃがんで休みたくなる。これを繰り返す症状を間欠跛行(かんけつはこう)と言います。
間欠跛行は腰部脊柱管狭窄症に特徴的な症状で、いわゆる坐骨神経痛も腰部脊柱管狭窄症の症状のひとつです。腰痛を伴う方もいれば、腰はそれほど痛まない方もいます。

間欠跛行は下肢にいく神経が腰椎(=背骨の腰の部分)で圧迫し、締め付けられて神経の中の血流が悪くなるために起こります。下肢の神経は腰から枝分かれしてきていますので、整形外科を受診したときに下肢のしびれや痛みの症状なのに腰のレントゲン検査をするのはそのためです。

間欠跛行でお悩みの患者様には受診をおすすめします

座ったりかがんだりすると楽になる
座ったりかがんだり
すると楽になる

お年を召されて脊椎(=背骨)に加齢性の変化が起こると椎体と椎体の間にあるクッションの役割を担う椎間板が傷んでしまい脊柱管(=背骨の中にある神経の通り道となる骨のトンネル)の中に飛び出したり、椎体が変形して骨棘(=骨のとげ)ができて脊柱管内に突出したりすることがあります。また脊柱管内にある靭帯もたるんで分厚くなり、これらが神経を圧迫する原因となります。腰椎のずれ、すべりによって生じる腰椎変性すべり症なども腰部脊柱管狭窄症と同様の症状を出すことがあります。

治療は神経の血流を良くする薬や各種の痛み止めなどを組み合わせた薬物療法、痛みを緩和するためのブロック注射、リハビリなどの運動療法、装具療法などを行います。しかし、それでも改善しないときには手術が必要になります。
間欠跛行でお悩みの患者様には受診をおすすめします。
当院では、まず保存的に手術以外の方法で治療を行います。それでも効果がなく手術が必要な状態になれば、手術の実績があり信頼のできる総合病院の整形外科へご紹介いたします。ただし、手術ですべての症状を治すことはできません。手術の後に、弱った脚力を鍛え直すためにしっかりとリハビリに取り組むことが重要です。